• 着物の買取相場アイキャッチ 着物の買取相場
    着物の種類や素材別の買取相場まとめ!高く売るコツは?
    2018年12月6日
  • 地域で選ぶ着物買取 買取地域
    地域で選ぶ!着物買取専門店の対応地域の一覧まとめ!
    2019年2月20日
  • バイセルアイキャッチ 買取専門店の口コミ評判
    バイセル(旧スピード買取.jp)の着物買取の口コミ評判を徹底解説!【体験レポート付き】
    2018年12月12日
  • 買取プレミアムアイキャッチ 買取専門店の口コミ評判
    買取プレミアムの着物買取の口コミ評判や特徴を徹底解説!
    2018年12月12日
銘仙買取相場アイキャッチ

▼当サイトで人気の着物買取専門店はこちら!

勲章のフリーアイコンバイセル【圧倒的な高価買取実績】

2年連続お客様満足度1位!すぐに着物が売れる!

勲章のフリーアイコン (1)買取プレミアム【安心の出張買取】

女性鑑定士の指定が可能!全国無料の安心出張買取!

ヤマトク【宅配買取ならココ!】

無料宅配キットの提供!全国無料対応の宅配買取!

さらに詳しくおすすめの着物買取店を知りたい方は、「着物買取おすすめランキング!評判や口コミから35社を徹底比較!」をチェック!

銘仙とは?

銘仙とは絹糸を用いた平織りの生地で作られる着物のことです。その中でも長い年月を経た着物は、アンティーク着物とも呼ばれています。

 

銘仙は元々、糸を紡ぐ際に出るくず糸を用いて、養蚕業者が自分たちで着用するために作っていました。そして江戸時代に天保の改革により倹約令が敷かれると、質素な素材として一般に広く好まれるようになります。

 

銘仙はその後、大正から昭和にかけて大流行します。銘仙は縦糸と横糸をわざとずらして模様をぼかすようにして作成することで、やわらかい雰囲気を持たせています。これが当時の女性たちに受け、大正ロマン・昭和モダンを代表する着物として親しまれました。

 

その後、ウールの登場により、昭和40年頃に銘仙のブームは終わりを迎えましたが、近年、テレビドラマで銘仙をまとった女性たちが活躍する姿が取り上げられるなど、再び脚光を浴びています。

銘仙の種類

銘仙は日本各地の様々な織元で生産されています。銘仙は産地ごとに独自の特色を持っています。

足利銘仙

足利銘仙は栃木県足利市の周辺で生産される銘仙です。足利銘仙は「解し絣」と呼ばれる技法を用いて作られます。解し絣は縦糸と横糸を荒く織り込んだ後、模様を作るため、再度糸を解した後細かく織り込むという技法です。

 

この技法により、足利銘仙は細かい模様を鮮やかに描くことに成功しました。大正から昭和にかけては、当時流行した曲線的なデザインと相まって大流行しました。

伊勢崎銘仙

伊勢崎銘仙は群馬県伊勢崎市で生産される銘仙です。伊勢崎銘仙は絣模様を特徴としているため、かつては伊勢崎絣という名で呼ばれていました。江戸時代にはすでに各地へ出荷される人気の織物でした。

 

明治時代以降は機械化による大量生産にも成功し、学生服としても用いられました。日露戦争で有名な乃木希典に評価され、学習院の制服として採用されたこともあります。

桐生銘仙

桐生銘仙は「御召銘仙」とも呼ばれる独自の作りをしています。群馬県桐生市は上毛かるたにも読まれる織物の産地です。桐生銘仙は、材料の糸によりをかけた糸を使って織り込むお召しの製造技術を取り入れて作られています。そのため、表面に独特のしぼ模様が表れているのが特徴です。

八王子銘仙

八王子銘仙は東京都八王子市で作られる銘仙です。八王子は今ではあまり知られていませんが、駅前に「織物タワー」と呼ばれる宣伝塔があったほどの織物の盛んな街でした。

 

八王子銘仙の特徴は、カピタン織りと呼ばれる製法で作られる「カピタン銘仙」です。カピタン織りとは、黒地に色糸を使って小柄な模様を織り込む織り方です。江戸の鎖国時代に、オランダの商館長が持ち込んだ布地に似ていることから、カピタン織りと呼ばれています。

秩父銘仙

秩父銘仙は埼玉県の秩父地方で生産される銘仙です。「解し捺染」という独自の技術を用いて作られるのが特徴です。解し捺染は、糸をほぐしながら織り上げる技法です。

 

解しながら糸に染色するため、色付きが独特になり角度によって色合いが異なるように見えるのが特徴です。秩父銘仙は2013年に国の伝統工芸品の指定を受け、再注目を受けています。

銘仙の買取相場

銘仙の買取相場は、1,000円程度〜3万円程度まで様々です。

 

無名で大量生産された銘仙の場合、買取相場は1,000円から5,000円程度となります。大量生産された銘仙の中には、絹に似た再生繊維を用いたものもあります。再生繊維の銘仙は水に弱く色落ちや色移りがしやすいデメリットがあります。そのため保存が的確でない場合、買取価格は大きく下がってしまいます。

 

一方で、状態の良いものや伝統工芸品については1万円〜3万円程度の高値も期待できます。特に足利銘仙、伊勢崎銘仙、桐生銘仙など有名産地で生産された銘仙については、近年の再注目もあり、高値がつきやすい傾向にあります。

銘仙の買取実績

銘仙の買い取り実績の一例は以下のようになります。

 

着物 価格
作家物の伊勢崎銘仙 20,000円
無名の秩父銘仙 8,000円
無名の足利銘仙 8,000円

銘仙を高値で売るポイント

伝統工芸品では思わぬ高値も期待できる銘仙ですが、高く売るポイントはどこにあるのでしょうか。

リサイクルショップや質屋ではなく、専門知識のある買取店で売る

銘仙の買取は専門知識のある買取店に依頼するのがポイントです。銘仙を始めとするアンティーク着物は、産地や技法を正しく見極めなければ単なる古い着物として安値で買い叩かれてしまいます。専門知識を持った鑑定員がいる買取店であれば、着物そのものや証紙を見てきちんとその価値を判断することができます

有名産地のものは証紙を用意しておく

有名産地の銘仙を査定に出す際は、証紙を用意しておくのも重要なポイントです。証紙は着物の品質の証明になるため、買取時に用意しておくと価値を見逃されることがありません。販売時も証紙付きの着物は高値で販売できるため、それに応じて買取価格も高値が期待できます。

保存状態が良いものは希少性が高く、高額買取になりやすい

銘仙の中にはすでに生産されていない生地の着物もあります。代表的な例が八王子銘仙のカピタン織りです。そのため無名の銘仙であっても、保存状態の良いものであれば高値で買取ってもらえる可能性もあります。

 

無名で証紙のない銘仙の場合、特に専門知識を持って査定を行う必要があるため、査定は実績のある買取店に依頼するのが無難です。

 

また、銘仙以外の着物の買取相場や高く売る方法についても詳しく知りたい方は、「着物の種類や素材別の買取相場まとめ!高く売るコツは?」を参考にしてください。

着物の買取相場アイキャッチ
着物の種類や素材別の買取相場まとめ!高く売るコツは?
2018-12-06 18:17
着物の種類別の買取相場 着物の種類によって、買取相場は大きく異なっていますので、以下の表にまとめました。ただし、着物の価値は、汚れの有無や柄の人気、素材、産地、丈の長さなど、様々な...

銘仙の買取におすすめの専門店

バイセル

バイセルアイキャッチ

銘仙の買取におすすめの専門店がバイセルです。バイセルは日本全国に研鑽を積んだ査定員を配置しており、電話1本で出張買取に応じてくれます。

 

査定後の契約は専門部門を通じて行うため、強引な買取や無理な勧誘がなく、高い顧客満足度を実現しています。銘仙を始めとしたアンティーク着物についても多数の買取実績を持ち、確かな査定が期待できます。

 

バイセルの評判や口コミについて知りたい方は、「バイセル(旧スピード買取.jp)の着物買取の口コミ評判を徹底解説!【体験レポート付き】」を参考にしていただければと思います。

 

また、さらに詳しくおすすめの着物買取店について知りたい方は、「着物買取おすすめランキング!評判や口コミから35社を徹底比較!」を参考にしてください。

着物買取おすすめランキング_アイキャッチ
着物買取おすすめランキング!評判や口コミから35社を徹底比較!
2018-12-06 14:29
着物の評価項目 着物は自宅のたんすにしまわれたままになっていることが多く、保存状態が悪いことも多いため、従来は価格が付きにくいものとされていました。しかし、最近の日本ブームで訪日外...
着物の買取相場の関連記事
  • 子供用着物(七五三、お宮参り)買取
    子供用着物(七五三やお宮参りの着物)の買取価格相場と高価買取のポイントを徹底解説!
  • 六谷博臣着物アイキャッチ
    六谷博臣(二代目・六谷梅軒)のプロフィールと着物の価値を分かりやすく紹介!
  • 六谷梅軒(六谷紀久男) 着物アイキャッチ
    六谷梅軒(六谷紀久男)のプロフィールと着物の価値を分かりやすく紹介!
  • 由水十久着物アイキャッチ
    由水十久のプロフィールと着物の価値を分かりやすく紹介!
  • 中村勇二郎着物アイキャッチ
    中村勇二郎のプロフィールと着物の価値を分かりやすく紹介!
  • 中村勝馬着物アイキャッチ
    中村勝馬のプロフィールと着物の価値を分かりやすく紹介!